インテリアABC

リビングインテリアの中心、テレビとソファーのおすすめ配置例

前回のソファーに関する記事、 “リビングの主役家具、ソファーの失敗しない選び方” でご紹介したポイントを参考に、ご家族みなさんにぴったりのソファーは見つかりましたか。
サイズや座り心地、耐久性も考慮することで、後悔しないソファー選びができるので、まだ読まれてない方は、まず一読してみてくださいね。
さて、ソファー選びと前後して考えたいのが、リビング内でのソファーの配置。一緒にセンターテーブルを置く、など他の家具との配置関係がとても大切になってくるので、じっくり考えたいところです。
今回はその中でも、ほとんどのご家庭のリビングで一番重要なポイント、「テレビとの配置関係」について考えていきます。

リビングインテリアでまず気をつけたい、テレビの配置

テレビの配置
他の家電同様、テレビはソファー以上に、配置に制約が多いアイテムです。ソファーの配置を考える前にまずは、テレビを配置する際の注意点に触れておきましょう。

  • リビングのコンセントの位置を確認する。
  • 窓の直線状に配置しない。

あちこちにコンセントがあるリビングならかまいませんが、特定の場所にしかない場合、その近くにテレビを配置するのが一番。延長コードを使うことももちろん可能ですが、あまり長いと見栄えもよくありませんし、何より掃除が面倒になってしまいます。
また窓の直線状にテレビを配置すると、逆光や反射で画面が見づらくなるので、絶対に避けましょう。
この2点を考えるだけでも、テレビの配置位置が大体決まってくると思いますが、まだレイアウトに余裕がある場合は併せて、部屋の大きさ/ドアの位置/窓の位置・大きさ・高さ/他にリビングに置く家具/動線なども考えてみてください。
なんとなくお部屋のレイアウトが見えてきたのではないでしょうか。今度は、テレビとソファの具体的な配置例を見ながら、メリット・デメリットについて考えてみましょう。

テレビとソファーを真向かいに配置したインテリア

ソファーの配置
壁際に配置したテレビと並行してソファーを置く、どんな大きさのお部屋にも対応できる定番の配置例ですね。ただ、『ソファーに座るときは基本的にテレビを観る』ご家庭であればいいのですが、そうでなく、ただちょっとリラックスしたい場合など、座ると必ずテレビが目に入ってしまうのが難点です。
「観ないときはテレビに布をかけておく」「ソファーをできるだけ窓際に配置して、外の風景を楽しめるようにする」など、ちょっとした工夫で違いが出ますよ。

テレビとソファーが直角の配置関係

テレビとソファの関係
先ほど挙げた『テレビ配置の注意点』に合わせてレイアウトすると、どうしてもテレビに対してソファーの位置が、直角になってしまうこともあります。
テレビが見づらくて不便、と思うかもしれませんが、『子供にあまりテレビを見せないようにしている』ご家庭にはぴったりと言えます。また、
「ソファーの肘掛部分にクッションを当てて、横になってのびのび観られて最高。」
「ソファーから外の景色を見ながらゆっくりするのに最適。」
など、実はなにかとメリットが多いことも。
スペースに余裕がある場合は、テレビから真向かいの位置に、小ぶりな一人掛けソファーを配置したり、ソファー前にはセンターテーブルを置かずにラグを敷いて、床に座ってテレビを観るようにする、などデメリットを補うインテリアを考えてみてくださいね。

窓の多い部屋でのテレビとソファーの配置

窓の多い部屋
テレビを窓際に置いて、その向かいにソファーを置くレイアウトは、日光から余計な熱がテレビに加わるだけでなく、ソファーに座っていてまぶしいこともあるので、できるだけ避けたいレイアウトです。
窓が二つ以上あって、壁面が限られていて仕方なく…と言うのであれば、コーナーに斜めにテレビを配置するといいでしょう。
テレビと並行にソファーも部屋内に斜めに配置する必要はありませんが、テレビの両端が触れている各壁面にはソファーを寄せないほうが、視界が大きく取れて、テレビが見やすくなりますよ。

ソファーをインテリアの間仕切りに利用

間仕切り
今まで挙げたどの配置例でもあてはまることですが、ソファーが壁際ではなく、部屋の間仕切りのような配置になることがあります。リビングダイニングの切り替えになってうれしい反面、狭いスペースではお部屋を窮屈に感じさせることも。
他のレイアウトが無理なのであれば、予定していたものよりも少し小さなソファーや、目立たない色のソファーに変更したりするなどの工夫で、対応しましょう。
また、ソファーが壁面を占領しない分、本棚などの大きめの家具を配置できるようになるなどの利点もあるので、そんなに心配することはありません。

最後に

リビングでのテレビとソファーの配置例いかがでしたか。単純なレイアウトばかりでしたが、窓との位置関係など、指摘されて初めて気づくメリット・デメリットがありましたよね。
また実際にソファーを置くときは、壁や家具から10㎝程度離すのをお忘れなく。このほんの少しのスペースが、お部屋にゆとりをもたらしてくれますよ。

関連記事

RECOMMEND ITEMあなたにおすすめのアイテム

RECOMMEND POSTS関連している記事

商品数4000点以上!
あなたにぴったりなアンティーク
家具を販売しております。

TOP