RAFUJU MAG

ANTIQUEFURNITURE RAFUJU STUDIO MAGAZINE

ひとりでできる!子どもが自分で片付けたくなるアンティーク家具選び

そろそろ年末、大掃除の時期がやってきました。家の中の普段手の届かないところを徹底的にきれいにすることはもちろん、普段から気になっている片付け方法を見直す絶好のチャンスでもあります。

いろいろ手を加えたい場所はあるでしょうけれど、今回見直してみようと思うのは子ども部屋。お子さんの成長とともに、そろそろ一人でもお片付けができるようになってきた、これからできるようになってもらいたい...そんなご家庭に向けて、子どもが一人でも片付けやすい家具選びのコツをご紹介してみたいと思います。

ポイントは「見えること」と「ひと手間を減らすこと」

子供部屋収納のコツ 大人にとってはなんでもないひと手間が、子どもにとってはなかなかのハードルになることがあります。まずは、子どもの目線になって、家具と片付け方を見直してみましょう。

「片付ける場所を覚える → 引き出しをあける/扉をあける → 片付ける」という一連の作業。この、大人にとってはいかにも当たり前で簡単に見える動きが、子どもにとっては大きな壁だったりします。子どもにとって難しいのは、"やるべきこと" が "分からない" こと。そこで、片付けるという一連の流れを "見える" ようにする。これを意識した収納を考えてあげることが大切です。

そこで選ぶのが「フタのない家具」。「どこに」「何を」入れるのかが分かりやすい。そして一目で何が入っているか分かって、出し入れがしやすい。そんなフタのない家具を使った簡単片づけ方法を、特にお子さんの身近なもの3点を使って考えてみたいと思います。

「とりあえず入れるだけ」のおもちゃの片付け

おしゃれなおもちゃ収納 大きさも形もバラバラな子どものおもちゃ。きっちりと片付けるようとするのは大人でも難しいと思いませんか。でも、"きっちり" にこだわらなければ、細かいことをあまり気にせずにできる「片付け入門」と言っても良いかもしれません。

おもちゃの片付けで活躍してくれるのが、木箱やバスケットなど。もちろんフタのないものを選びましょう。"入れるだけ" でひとまず片付く、一番シンプルな収納方法です。とりあえず入れるだけのこの方法は、片付けを覚えたての小さなお子さんにも始めやすいので、片付けの習慣を身につけるにはぴったりの方法でもありますね。

大人の目線を加えるならば、棚や押入れなどにすっぽり収まるサイズの入れものを選ぶことをおすすめします。子どもが詰めたおもちゃ箱を棚の中に収めてしまえば、部屋も広々、空間もすっきり。あっという間に片付け完了です。

「見える+取り出しやすい」洋服収納

子供部屋の洋服収納 衣類収納でよく使われているのがチェストなどの引き出しタイプ。でも、子どもが一人で片付けたものを覗いてみると、中身が混ざってしまったり、引き出しの中がぐちゃぐちゃになっていたりということがよくあります。

中が見えない引き出し収納は、片付ける場所が分かりづらく、子どもにとっては意外とハードルの高いかもしれません。結局、ついつい大人がやり直して、余計な仕事になってしまうということも。

そこでおすすめなのが、フタ、つまり扉のないマス目棚を使った「見える」洋服収納。アパレルショップでも見かけるあの収納方法です。引き出しと違って、一目で中が見えるので、どこに入れるか迷うことがありません。
子どもの服って、予想以上にカラフルだったりして、マス目ごとに色で分けてみるのも良いかもしれません。洋服の収納が、部屋のアクセントになってくれたら嬉しいですよね。

成長に合わせてステップアップ、本の片付け

子供の本の片付け方法 読み終わったら本棚にしまうというのが、子どもにはやや難しい様子の本の片付け。確かに、絵本は、大きさも高さもバラバラ。背表紙をそろえて並べる、というのは考えてみれば意外とハードルが高めかもしれません。

そこで、絵本が中心の幼いうちにぜひ試していただきたいのが、マガジンラック。読んだばかりのお気に入りの絵本を、そろえることなんて気にせずに、絵が可愛く見えるように片付けましょう。それから、もう少し大きくなって本が増えたら、本棚収納を覚えていけば良いのです。

子どもの持ち物は、成長に合わせて変わるもの。その時々で持ち物を見直して、それに合わせた収納方法を、子どもの目線になってあげることが大切ですね。

最後に

「見えること」と「ひと手間減らすこと」。これだけにポイントを絞って、子どもがひとりでも片付けやすい方法を考えてみました。子どもの目線になってみると、ほんの少しの工夫で、片付けのスタートがスムーズに切れるような気がします。

片付け上手になるまでにはもう少し時間がかかるかもしれませんが、それまでは気長に見守ってあげましょう。

関連記事

筆者のご紹介

赤津ちひろ

これまで全く異なる業界で働いてきたが、数年前からものづくりの素晴らしさに魅了され、思い切って転職、入社。職人たちの技術や工夫、気の利いた遊びにはいつも感心するばかり。壊れないように、使いやすいように、飽きないように…人びとの暮らしにあわせて丁寧につくられた家具、雑貨、日用品などすべての「もの」たちを、魅力いっぱいにご紹介していきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

RAFUJU MAG とは?

アンティーク家具WEBショップ、ラフジュ工房がお届けする、日々の暮らしを豊かにするお手伝いとしてアンティーク家具やインテリアにまつわる知恵や情報を集めたWEBマガジンです。

CLOSE