RAFUJU MAG

ANTIQUEFURNITURE RAFUJU STUDIO MAGAZINE

格子戸のある風景。光と風が通りぬける、季節で装いを変える日本の家

日本情緒あふれる街並み。昔ながらの日本家屋が立ち並ぶ風景。そこで必ずといっていいほど目にするのが格子戸です。

格子戸はかつて平安時代の寝殿造りの頃から登場する、日本の家屋には欠かせない伝統的な建具です。光と風をうまく取り込む格子戸は、夏と冬で大きく異なる日本の気候や風土、そして文化に合わせて変化してきました。また、今も残る格子戸からは、その家や町の表情を感じることができます。

今回は、日本の暮らしと密接にある格子戸の魅力をご紹介したいと思います。

格子戸のある風景

アンティーク格子帯戸 「日本らしさ」を感じる風景。例えば、日本家屋が立ち並ぶ古い町屋などに必ずあるのが「格子戸」です。格子戸とは、細い木材や竹を縦と横に格子状に組込んだ引き戸のこと。本来は格子の間を透かした吹き抜け戸のことを指しますが、広くはガラスや板をはめたものも含めて格子戸と呼ばれています。

その "吹き抜けている" という特徴は、音や視線を適度に遮りつつ、日差しや風を通してくれます。また、縦横の格子は家の佇まいをあらわし、格子戸のある家並みはその町の表情となっています。格子戸は日本の風土や文化にとても適した建具なのです。

木の美しさを活かしたデザイン。趣も機能も

中窓付障子戸 格子には、木そのものの美しさが表れます。

木の特徴を活かした様々なかたちがあり、格子が長方形のもの、正方形のもの、縦木が密なもの、粗いもの、横木のみのもの...格子の組み方が違えば、その趣はそれぞれまったく異なります。木の一部を途中で切ったり、太さの異なる木を組み合わせたり、さらには組子細工が取り入れられたりと、デザイン性に富んだものもあります。

かつては、格子のデザインで職業を表していたこともあったのだそう。たとえば、"色" ものを扱う糸屋、呉服屋などの繊維業界では「糸屋格子」。縦木の上の部分が短く切られ、よりたくさんの光が入ってくるようにしていたそうです。

炭屋では「炭屋格子」。炭を販売していた炭屋では、炭の粉が舞って迷惑となるのを防ぐため、近隣への配慮として格子の隙間を狭くしていたそうです。

格子戸は、その美しさから目を楽しませてくれるだけでなく、入ってくる光や風を調整して機能的に使われていたことがわかります。

日本の風土や文化に寄り添う、季節の装い

格子戸のインテリア実例 日本の家は本来、とても風通しのよい造りになっていました。現代の「高断熱・高気密」とは異なり、昔ながらの日本家屋は「低気密」住宅です。

平安時代の寝殿造りまでさかのぼってみると、室内には扉がなく、家全体を風が吹き抜けるのがその大きな特徴でした。日本の気候や生活に合わせて変化してきた室内建具は、西洋のドアのように空間を "切り離す" のではなく、"区切る" ことを目的とています。
開け放せば1つの大きな空間を、閉めれば2つの異なる空間を、すぐに作りだすことができるのです。なかでも格子戸は、閉めていても空間を完全に切り離すことなく、光と風、向こう側にいる人の気配さえも共有することができます。

京都の町家などでは今でも行われているそうですが、日本には夏と冬で戸を替えるという習慣があります。夏は通気性を高めて涼しく、冬は気密性を高めて暖かく。建具に求める機能が季節によって異なるためです。

風を通す格子戸は、夏の間だけ障子や襖に替えて使われることもあります。もう少しお手軽に、小障子を外すだけで装いを替えられる、取り外し可能な小障子が組み込まれたデザインの格子戸もあったりします。

障子や襖などの冬の装いから、夏の装いである格子戸へ、日本の家は季節によって衣替えするのですね。

格子戸を活かした快適な住まい

アンティーク中窓付格子戸 格子戸の隙間からは、外から、あるいは隣の部屋からの光が差し込みます。まるで間接照明のようです。また、隣りの部屋の空調を通してくれるので、エアコンからの直接の風が苦手という方にも快適です。

空間を切り離さない格子戸には、限られた空間を広く感じさせる効果もあります。「向こう側の気配を感じられる」という特長を生かして、最近では、ペットのいる空間との間仕切り戸として活用することもあるんだとか。

小さなお子さんのお昼寝空間にもおすすめです。お子さんの可愛らしい寝息を感じながら、お母さんは隣りの部屋でホッと一息することもできますね。

最後に

光も風も楽しむ、季節も楽しむ、日本の生活に寄り添う格子戸。その機能もデザインも、格子戸の魅力を感じていただけたと思います。

今回お話しできなかった格子戸の美しい装飾のことや空間コーディネートについては、また別の機会にご紹介していこうと思いますのでお楽しみに!

関連記事

筆者のご紹介

赤津ちひろ

これまで全く異なる業界で働いてきたが、数年前からものづくりの素晴らしさに魅了され、思い切って転職、入社。職人たちの技術や工夫、気の利いた遊びにはいつも感心するばかり。壊れないように、使いやすいように、飽きないように…人びとの暮らしにあわせて丁寧につくられた家具、雑貨、日用品などすべての「もの」たちを、魅力いっぱいにご紹介していきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

RAFUJU MAG とは?

アンティーク家具WEBショップ、ラフジュ工房がお届けする、日々の暮らしを豊かにするお手伝いとしてアンティーク家具やインテリアにまつわる知恵や情報を集めたWEBマガジンです。

CLOSE