RAFUJU MAG

ANTIQUEFURNITURE RAFUJU STUDIO MAGAZINE

おしゃれカフェインテリアへの第一歩。簡単におうちカフェ生活を始めるコツ

カフェをお手本にしたインテリアづくり。

賃貸でもできるDIYテクを駆使したりして、すてきなおうちカフェ空間を手に入れている様子を、雑誌やテレビで見かけることも多くなりました。

でも憧れはあるものの、いざ自分でやるとなると、それなりの資金や準備、家族の協力、そして何より最後までやり切る決意が必要になります。そんな理由でおうちカフェ計画を諦めているあなた、まずはできることから始めておうちカフェ気分を味わいませんか?

今回は"おうちカフェ計画初級編"と称して、気軽に手軽におうちカフェを楽しむちょっとしたコツをご紹介していきます。

ズボラな癖をちょっと改善したり、手頃に手に入るものをインテリアにちょこっと加えたりするだけでできる、どれも簡単なものばかりです。憧れのおうちカフェライフを始める、足がかりになるはずですよ。

グリーンをそっと食卓に置いてインテリアにおうちカフェ感を。

おしゃれな一輪挿しアイデア インテリアにおうちカフェ感を出すのにまず必要なのが、雰囲気づくり。手軽にカフェの雰囲気を作り出したいなら、グリーンをお部屋、特に食卓上に取り入れるのがおすすめです。

観葉植物や多肉植物などお好きなグリーンを選ぶのがいちばんですが、食卓上に飾るものは虫や衛生面を考えて、切り花にしておきましょう。その場合もガーベラや百合など大輪の派手な花ではなく、野草のような控えめな姿の花や、ハーブやユーカリなどの枝葉のほうが、おうちカフェらしさが増しますよ。

花器も、気に入ったものが見つかれば一輪挿しを買うのもいいですが、おうちにあるコップやマグなどでも十分に雰囲気よく飾れるので、気軽に挑戦してください。

おうちカフェでは茶葉・コーヒー豆はガラスジャーに入れ替えて

茶葉のおしゃれ収納 紅茶の茶葉・コーヒー豆など「戸棚にしまってるから」と、買ってきた袋のまま保管していませんか?これらのアイテムを上手に見せる収納するのも、インテリアにお手軽におうちカフェ感を出すコツです。

最近は100円ショップでも、とても100円には見えないおしゃれガラス瓶が大小いろいろ手に入ります。お好みのお揃いの瓶を買ったら、茶葉やコーヒー豆を入れ替えるだけ。おともだちが遊びに来て冷たい飲み物を出すときも、ジュースやアイスティーをピッチャーに入れ替えて出すだけで、カフェな気分になります。

こんなちょっとしたひと手間から、おうちカフェ生活は始まるんですよ。

カフェセットはまとめておしゃれに収納・ディスプレイ

調味料のおしゃれ収納 せっかく入れ替えした茶葉やコーヒー豆は"おうちカフェセット"として、ポットやティースプーン、コースターなどと一緒におしゃれに収納・ディスプレイしましょう。ウォールシェルフやカウンターの上など特定の場所を決めてあげることで、飲みたい時にすぐ手を伸ばせる便利さも手に入りますよ。

その際も、おしゃれ+使いやすさを意識して、木製トレイに載せたりバスケットに収納したりと、まとまりと「見せる」こと重視の演出を心がけるようにしましょう。クッキーなどのおやつもガラスジャーやホーローのキャニスターに入れて一緒にしておくと、おうちカフェ度アップですよ。

いつものごはんもトレイ配膳するだけでおうちカフェに変身

ワンプレートごはん おうちカフェライフのためにお茶の時間だけでなく、ごはん時にもひと手間加えるコツをご紹介しましょう。

食事のいろどりや盛り付け、食器選びに気を配るのはもちろん素敵ですが、初級編にはちょっと難易度が高いようです。代わりに、いつもの食事をナチュラルなトレイに載せて配膳するだけならすぐ始められますね。

家族ひとりずつのお料理を銘々の食器に盛り付けるのは手間なので、まずは平日のひとりランチから始めてみたり、子どもたちのおやつをひとり分ずつ小さなトレイで出してみるなど、ちょっとしたところから慣れていくといいかもしれません。

それもちょっと...と言うズボラさんは、「カップには必ずコースターを敷く」「箸には箸置き、カトラリーにはカトラリーレストを忘れない」などほんのちょっとしたところからでも、おうちカフェのごはん時間は始められますよ。

最後に

ひと手間かけたり、簡単に手に入るアイテムを取り入れるだけで始められるおうちカフェのコツ、いかがでしたか。ご紹介したようなほんの小さなことを意識して始めてみると、もっとおうちカフェっぽくしたい!と思うかもしれませんし反対に、自分には向いてなさそう...とあきらめがつくかもしれません。

いずれにしろ、興味があるのならまずは、ちょっとしたところから始めてみませんか?

関連記事

筆者のご紹介

関口明恵

カナダのアートスクールでテキスタイルを学び、バンクーバーにて某北欧テキスタイルブランドに3年ほど勤務。細胞レベルで大好きな古今東西の布に加え、オーガニック、フェアトレード、thrift shopping、そして今度は家具と興味の対象は尽きない。日本で更に高まる好奇心を武器に、皆さんの興味をそそるような情報を発信していきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

RAFUJU MAG とは?

アンティーク家具WEBショップ、ラフジュ工房がお届けする、日々の暮らしを豊かにするお手伝いとしてアンティーク家具やインテリアにまつわる知恵や情報を集めたWEBマガジンです。

CLOSE