RAFUJU MAG

ANTIQUEFURNITURE RAFUJU STUDIO MAGAZINE

まずはお部屋の片付けから。プロに聞く上手なインテリア写真の撮り方

ブログやソーシャルメディアに、一般の人が撮ったさまざまな写真が溢れる現代。お子さんの写真や旅行先の風景だけでなく、お気に入りのカフェやご自宅のおしゃれインテリア写真もたくさん見かけますよね。

でも「我が家のインテリアもちょっと自慢したい!」といざ自宅のインテリア写真を撮ってみたものの、その良さが半分も伝わってこなくてがっかり...なんて経験ありませんか?

スマートフォンのアプリやPhotoshopなどのソフトで、誰でもいい写真が "作れる" 時代ですが、やっぱりある程度のいい写真が "撮れ" ていないことには始まりません。でもわざわざ高いカメラを買わなくても、ちょっとアングルを変えたり、光源に気を付けたりするだけで、見違えるようにいいインテリア写真を撮れるようになります。

そこで今回は、家具の写真や「RAFUJU INTERIOR PHOTO GALLERY」に掲載するインテリア写真を日々撮っている、ラフジュ工房専属のカメラマンさんに、上手なインテリア写真の撮り方を聞いてみました。

インテリア写真撮影のまえに、まずはお部屋の片付け

インテリア写真の基本 インテリア写真を撮る場合、カメラの腕だけではどうにもならないのが、お部屋の状態。まずは写真映りのいいお部屋になるように、片付けから始めましょう。

特に注意したいのが、配線など生活感が溢れすぎてしまう部分。でも生活感を廃除しすぎても、モデルルームみたいで住人さん「らしさ」が伝わってこなくなってしまうので、適度なバランスが大切です。

まず一枚写真を撮ってみると、生活感がありすぎないか、逆にすっきりしすぎていないかなど、客観的に見えてきますよ。

このインテリア写真の主役は?を考えながら片付け

インテリア写真のコツ また片付けの際には、これから撮る写真でなにを表現したいのかについても考えてみましょう。

たとえば新しく買ったソファを主役にしたいのであれば、クッションやスローで飾り立てすぎて、肝心のソファが隠れてしまっては意味がありませんよね。逆に衣替えしたクッションたちをメインにするなら、いちばん良い見せ方でクッションを並べる必要があります。

こんなふうに撮影の目的を絞ることで、どんなふうに、どのくらい片付けたらいいのか分かりやすくなりますよ。

いい写真のためには家具もカメラマンも動く

インテリア写真の撮り方 せっかくソファが主役の写真を撮ることにしたのに、センターテーブルが邪魔して上手く撮れない...。そんな時は、どんどん邪魔なものを動かしてしまいましょう。

インテリア写真で心がけたいのは、普段のありのままを撮ることよりも、いかに一番見せたいもの・場所を最高の状態で写真に収められるかです。だから「こんな写真を撮りたいけど、そのためにはこの家具のあるここに立つ必要があるのに...。」なんて時も、可能な限り家具を動かして、自分が入り込める隙間を作るように努めるのも大切です。

廊下や窓の外など、家具だけでなくカメラマンもどんどん動いて、自分で撮影の可能性を広げると、いい写真を撮れるチャンスも広がりますよ。

三脚も使っていろいろな撮影アングル・構図に挑戦

被写体を寄せる カメラマンにはあっちこっち大きく動くだけでなく、一点で体勢を変えたり、ほんのちょっとだけ体をずらしたりする小さな動きも肝心です。

それを実感するのが、ひとつの被写体に対して、上下左右・真正面とさまざまなアングルから撮ってみた時。今まで考えもしなかった意外なアングルがとても良かったりすることもありますよ。

それからアングルだけでなく、縦構図を試してみるのもお忘れなく。まずはいろいろな角度・構図を試すと、だんだん被写体や伝えたい雰囲気によって最適なものがわかってきます。

また撮りにくいアングルの場合は、三脚を使うと手ブレ防止にもなるのでおすすめです。

フラッシュ厳禁!自然光でやさしいインテリアを実現

室内での自然光撮影 いろいろな角度から撮っているとふと、「窓から光が差し込んでいるおかげで、いい写真に見えるみたい。」なんて気づくことがあります。そう、光もいい写真を撮る上でとても重要な要素です。

まずはフラッシュをやめて自然光で撮ると、ナチュラルな柔らかい雰囲気の写真になりますよ。ただフレンチナチュラルなど白メインのお部屋の場合は明るくなりすぎてしまうこともあるので、観葉植物など濃い色を指し色にコントラストをつけると、インテリアがぐっと際立ってきます。

光の使い方に慣れてきたら今度は、間接照明を使って夜撮影してみると、また違った雰囲気の写真が楽しめますよ。

最後に

あまりにも当たり前になりすぎてしまっているご自宅のインテリアも、写真に撮ることでずいぶん違って見えてきますよね。そしてそんな写真の中にも、インテリアをさらに良くするヒントが隠されているかもしれません。

まずは今回ご紹介した撮り方のポイントを参考に、気軽にインテリア写真を撮り始めてみませんか?

関連記事

筆者のご紹介

関口明恵

カナダのアートスクールでテキスタイルを学び、バンクーバーにて某北欧テキスタイルブランドに3年ほど勤務。細胞レベルで大好きな古今東西の布に加え、オーガニック、フェアトレード、thrift shopping、そして今度は家具と興味の対象は尽きない。日本で更に高まる好奇心を武器に、皆さんの興味をそそるような情報を発信していきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

RAFUJU MAG とは?

アンティーク家具WEBショップ、ラフジュ工房がお届けする、日々の暮らしを豊かにするお手伝いとしてアンティーク家具やインテリアにまつわる知恵や情報を集めたWEBマガジンです。

CLOSE