RAFUJU MAG

ANTIQUEFURNITURE RAFUJU STUDIO MAGAZINE

グッズ一つでおしゃれ!アンティークキッチンのおすすめインテリア

毎日立つキッチンは、炊事担当のママにとって、たくさんの時間を過ごす場所。

冷蔵庫や食器棚が並んだ、ちょっとプライベートなスペースでもありますが、人に見せたくなるようなおしゃれなキッチンは、多くのママの憧れでもありますよね。でも、キッチンとリビングやダイニングに間仕切りが無い住空間が主流な現代の暮らしでは、訪れたお客さんの目につくことは、当たり前のことだと意識しておいた方がいいと思います。

リビングと同じくらい、お気に入りに囲まれた心地よい空間を作りたい!でもコストもあんまりかけられない...そんなあなたの強い味方になってくれる、取り入れやすいキッチンインテリア、ありますよ。

今回は、木の風合いで自然なおしゃれを楽しめるアンティークから、おすすめグッズをピックアップ!狭いキッチンだからこそ上手に使いたい、「壁まわり」「キッチンカウンター上」「家具と家具の隙間」にポイントを絞り、スペースを有効活用できる万能なアイテムをご紹介します。

狭いキッチンでも有効利用するなら、壁まわりを上手に使う

鍋、フライパン、まな板、包丁...キッチンには多くの道具があり、それだけ多くの収納を必要とします。

引き出しや棚に用途別に分類整理しておくのが鉄則ですが、その道具たちを絵のように掛けてしまう方法もあります。ふとした壁まわりのスペースを上手に活用できる、アンティークインテリアに注目してみました。

調味料置きにぴったりな、古い木味の壁掛け収納棚

ブリキの壁掛け収納棚 どの家庭にもある塩・コショウや、手の込んだ料理の時に使うスパイス類は、気がついたら数がいっぱいで、案外整理に困るんですよね。そんな調味料は壁掛けのアンティーク収納棚にしまって絵のように飾ってしまいましょう。古い木製のものがおすすめですが、このように背面にブリキ板が使われているものも、レトロでカフェ風な雰囲気を演出してくれます。

普段使う時に取り出しやすいだけでなく、ビン詰めのピンクペッパーやハーブなどは彩りにもなります。言うまでもありませんが、同じ種類のビンに統一して入れるとグッと素敵に見えるので、面倒でも移し替えるのがやっぱりいいと思います。

調味料以外にも、コーヒー豆やドリッパーなども置いておくのにもぴったりですが、収納する際のコツは物を詰めすぎないこと。棚の中のちょっとしたスペースが、おしゃれに見えるかどうかを左右しますよ。

キッチンの定番である、フックを使った収納術

20150107-2.jpg キッチンインテリアの定番と言っていいほど主流なのが、壁にフックを取り付ける方法。

玉ねぎやジャガイモなど、常温で保存するのに適した野菜をかごに入れて掛けたり、お玉やヘラなどのキッチン道具類を掛けたり。毎日使う物はこういう風にかけておけば、便利な上に省スペースも実現します。木×アイアンはナチュラルアンティークの定番なので、さまざまな空間におしゃれに馴染みますよ。

ちょっと余談ですが、ガス台の正面にフックを取り付けている方も多いですよね。でも実際にやってみると、油がはねやすい上に壁まわりの掃除がしにくくて邪魔になることもしばしば。あまりガス台に近すぎる場所に設置するのは、衛生面や道具を長持ちさせることを考えるとあまりおすすめできません。調理の際の効率化を図るのは大事ですが、普段の掃除のことなども最低限考えてあげてくださいね。

カウンターキッチンの目隠しになる、アンティークの小さな本立て

20150107-3.jpg 冒頭でもお話しした通り、リビング・ダイニングとキッチンの間に壁が無い住まいが、ここ最近は当たり前になってきました。どの場所に居ても家族と会話ができるのがメリットですが、居間からキッチンが丸見えになりやすく、なんとなく恥ずかしさを感じている方も多いのではないでしょうか。

ここではキッチンとダイニングテーブルの間にあるカウンターからの視線を"紛らわす"ことが、目隠しのポイントになってきます。

配膳の邪魔をせず、雰囲気を良くするインテリアとしてぴったりなのが、木製のアンティーク本立て。調味料の瓶詰めを並べたり、ダイニングまわりで使うカトラリーや取り皿などのテーブルウェアをセットしておく台として使ってもいいですね。

DIYでパーテーションを取り付けたりする方法もありますが、空間の流れを断ち切らずに手軽にできるところで対処するのもいいと思いますよ。

家具の隙間に入り込む、アンティークのケーキスタンド

20150107-4.jpg シルエットが素敵なこの三段の飾り台、何だと思いますか?イギリスアンティークが好きな方はピンと来たかもしれませんが、ケーキスタンドなんです。イギリスのティータイムのお供に使われていたのを想像すると、とても優雅な気分になりますよね。

ケーキスタンドとして使わなくても、このように鍋やボウルを置く棚としてもぴったり。また、このスタイルのものは折りたたみ式のものが多いので、使わない時は壁ぎわにスッと収めておけます。活躍の場所は変わりますが、活用に困る家具と家具の隙間には持って来いのアンティークインテリアですね。

最後に

現代のキッチンのよくある条件下でも、柔軟に活躍してくれるアンティークインテリアをご紹介しました。予算的に全部一気に揃えるのは難しくても、これならちょっとずつ手軽に取り入れられますよね。

アイテムの力を借りて簡単にできるおしゃれなキッチン作り、あなたもぜひ実践してみてはいかがでしょうか。

関連記事

筆者のご紹介

茶園みずき

様々な人との出会いに刺激を受け、専門学校卒業後にデザイン事務所へ。グラフィックデザインに限らず、イベント企画など、人と人がつながる場づくりにも精を出す。仕事をしていく中で、ものづくりについてもっと深く知りたいと思うようになり入社。家具の向こうに見えてくる、インテリアのコーディネートをお届けできればと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

RAFUJU MAG とは?

アンティーク家具WEBショップ、ラフジュ工房がお届けする、日々の暮らしを豊かにするお手伝いとしてアンティーク家具やインテリアにまつわる知恵や情報を集めたWEBマガジンです。

CLOSE