RAFUJU MAG

ANTIQUEFURNITURE RAFUJU STUDIO MAGAZINE

北欧アレンジの和室作りなら!ソファ周りのシンプルインテリア実例

突然ですが、あなたは畳、好きですか?

現代では和室が無い住宅も多いのが残念ですが、のびのびする気持ち良さはフローリングの感触とはひと味違うものです。賃貸でも和室がある部屋は探せばありますが、上手にコーディネートが出来るかどうかの不安などから、手が伸びない方も多いのではないでしょうか。

和の渋さが苦手な方や、シンプルにまとめたい方におすすめなのが北欧テイストを加えた和室作り。色合いや素朴な雰囲気など、日本の感覚との共通点は多いんですよ。

そんな今回は、和室+ソファで洋式の暮らしも楽しめる、欲張りなお部屋作りの方法をご紹介!和室の趣を活かしながら、さりげなく北欧風にアレンジするコツを、インテリア実例とともに見ていきましょう。

和室×北欧ではどんな色合いのソファがぴったり?

北欧カラーのソファ 若草色の畳が広がる和室。自然色に馴染むのはどんなカラーでしょうか?

北欧の自然を連想させるグリーン、ブルー、グレーなどが和室にも相性のいいカラーですが、発色があまり強すぎないものがいいでしょう。

そもそも、和室の一番良いところは「和み」。過度な鮮やかなカラーで部屋の雰囲気を壊す必要は無いですよね。和室のやさしい色合いに組み合わせるなら、淡いトーンを基調をするのがおすすめです。

和室に適した畳摺の文机は、シンプルなソファに相性良し

アンティーク文机 昔の勉強机として世に広まっていった文机。床に座って使うことから、座机とも呼ばれたりします。

木の風合いがあふれる素朴な見た目のものが多いので、シンプルなソファにも合わせることが出来ちゃいます。趣あるセンターテーブルとしてもいい雰囲気ですね。

4本脚の文机も中にはありますが、和室での生活に合わせて、畳を傷つけないように脚の下に板を渡した畳摺(たたみずり)のものもありました。全体的には簡素な印象でも、このように側面に透かし彫りが入っていたりするものもあるので、アンティークの中からいろいろ吟味してみるのも楽しいですよ。

クッションやパネルなど、ファブリックには北欧を意識的に

マリメッコのクッション 北欧デザインの人気は、家具や器だけではありません。個性的な色使いや曲線が描かれたテキスタイルも、多くの人に愛されています。 自然の中の風景を写しとったものや抽象的なパターンなど、好きな方は分かると思いますが、日用品に使うのがちょっともったいないと感じるくらいとても絵になります。淡いトーンのソファの上に乗せたり、ファブリックパネルを壁に掛けたり。やさしい色合いで統一された和室では、差し色として印象を大きく変えてくれます。

縦横の秩序がある日本の様式にも、独特の規則性で描かれたパターンがどこか相性がいいのかもしれませんね。

上級編!一見和風に見える家具や飾り物も北欧でアレンジ

20141228-4.jpg せっかくの和室なので、和風インテリアを思い切って取り入れてみるのも粋ですよね。飾り台を使って壁ぎわに並べてみたけど、なんとなく浮いてしまうと感じるなら、ちょっとここでひと工夫。

淡いトーンの布やファブリックフレームなどを一緒に飾れば、和と北欧を上手くつなぐことができます。北欧の独特のデザイン性は、和の中に隠れたモダンな要素を際立たせてくれるますよ。

最後に

あなたは和室と北欧スタイルを掛け合わせるのは意外だと思いましたか?でも、どことなく共通点があるように感じる日本と北欧のデザイン性に気づいている人は、もう既に実践している手法なんですよ。

手を掛けすぎないシンプルなアレンジで、おしゃれで居心地がいい和室作りにぜひトライしてみてくださいね。

関連記事

筆者のご紹介

茶園みずき

様々な人との出会いに刺激を受け、専門学校卒業後にデザイン事務所へ。グラフィックデザインに限らず、イベント企画など、人と人がつながる場づくりにも精を出す。仕事をしていく中で、ものづくりについてもっと深く知りたいと思うようになり入社。家具の向こうに見えてくる、インテリアのコーディネートをお届けできればと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

RAFUJU MAG とは?

アンティーク家具WEBショップ、ラフジュ工房がお届けする、日々の暮らしを豊かにするお手伝いとしてアンティーク家具やインテリアにまつわる知恵や情報を集めたWEBマガジンです。

CLOSE