RAFUJU MAG

ANTIQUEFURNITURE RAFUJU STUDIO MAGAZINE

意外なおしゃれ感!畳部屋を上手に生かした今どきインテリア実例

社宅などの住宅事情で、仕方なく畳部屋ばかりのお家生活を送っている人たちもいますね。

そして、おしゃれインテリアにしたくても畳や砂壁にやる気をなくしたり。フローリングカーペットを敷こうとしたのに、ぴったりサイズが見つからなかったり。しかもなんだかんだ言って、畳のくつろぎ感が結構気に入っていたり。

そんな畳生活とご自分が思い描くインテリアのギャップに悩まされている人たちに今回は、畳部屋インテリア実例をご紹介します。嫌いじゃないけど好きとは言い切れない畳部屋と、上手に付き合うためのヒントが見つかるかもしれませんよ。

なじみやすい家具をつなぎ役にした"畳+ソファ"

和室ソファ 畳部屋を和風インテリア以外でおしゃれにできない気がするのは、フローリングに合う家具を置いた途端に現れる「ちぐはぐ」感が主な原因です。まずはちゃぶ台など畳にしっくりなじむ家具を、それからその家具に合うデザインのソファなどを付け足してあげると「つなぎ役」ができるので、意外に違和感なくなじみます。

ただし色合いは畳の風合いに似た、落ち着きのあるものを選びましょう。「でもほんとは明るい色が好きなのに...。」と言う方は、クッションカバーやスローなどアクセントとして好きな色を取り入れたらいいですよ。

ソファだけでなく畳に座っての楽しみ方も考えているなら、ある程度背の低い家具でまとめたほうが、安心感のある空間ができあがります。

異スタイル同士の歩み寄りがかなえる"畳+ナチュラル"

ナチュラルな和室 畳部屋だからって好きなナチュラルインテリアを完全に諦める必要はありません。先ほど同様、まずは畳になじむ家具、ちゃぶ台を取り入れるところから始めてみましょう。

でも今度は、畳に合う「ちゃぶ台」→ちゃぶ台に合う「レトロなパタパタ下駄箱」→下駄箱に合う「布座面のレトロスツール」→スツールに合う「白ペイントのケビント」と、連想ゲームのようにどんどんと「合う家具」の基準を広げていきます。この時ももちろん、色合いは抑え気味に。それから小物・雑貨使いも、ナチュラルインテリアに合ったものの中に畳の定番「和」のものをアクセント程度に入れましょう。

ふたつのスタイルが少しずつ歩み寄った、畳ナチュラルインテリアのできあがりです。

透明感と背高バランスが決め手の"畳+ペイント家具"

ペイント収納棚 畳とペイント家具。聞いただけで違和感しか浮かんでこないような組み合わせですが、シンプルなデザインで畳に合った落ち着きのある色合いのペイント家具を選べば、新鮮なおしゃれ感が楽しめます。

畳部屋では避けたい背の高い家具も、落ち着き色に加えて、クリアガラスたっぷりのガラスケースなどを選ぶと圧迫感が抑えられるので、取り入れ可能ですよ。その場合は背の高い家具が悪目立ちしないように、観葉植物やタペストリーなどでお部屋全体に高さを出してあげましょう。インテリアにおしゃれバランスが生まれます。

最後に

畳とナチュラルインテリアやペイント家具など、ちょっと意外な組み合わせのインテリア実例、いかがでしたか。畳部屋だからこその凛とした気品のようなものが加わって、ひと味違う良さが生まれていましたよね。

今回ご紹介したちょっとしたコツを参考に、今まで無理だと思っていたあのスタイルを畳部屋でかなえてみてください。

関連記事

筆者のご紹介

関口明恵

カナダのアートスクールでテキスタイルを学び、バンクーバーにて某北欧テキスタイルブランドに3年ほど勤務。細胞レベルで大好きな古今東西の布に加え、オーガニック、フェアトレード、thrift shopping、そして今度は家具と興味の対象は尽きない。日本で更に高まる好奇心を武器に、皆さんの興味をそそるような情報を発信していきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

RAFUJU MAG とは?

アンティーク家具WEBショップ、ラフジュ工房がお届けする、日々の暮らしを豊かにするお手伝いとしてアンティーク家具やインテリアにまつわる知恵や情報を集めたWEBマガジンです。

CLOSE