RAFUJU MAG

ANTIQUEFURNITURE RAFUJU STUDIO MAGAZINE

ヴィンテージなインダストリアル家具でかなえるカフェ風お家インテリア

おしゃれインテリアのお手本、カフェなどで最近よく見かける、鉄脚の家具たち。一見そっけないように見えるのに実はじわじわと愛着が湧いてくる、ふしぎな魅力があります。

今回の主役はそんな人気上昇中のインダストリアルな家具たちです。その中でも特に使い込まれた「こなれ感」がぐっとくる、ヴィンテージものに焦点を当てながら、無骨な表情の裏側に隠された魅力を探ってみましょう。

お家インテリアに取り入れたい『押し』ポイントはどんなところなのか、さっそく検証の始まりです。

インダストリアル家具らしい実用重視な姿勢

インダストリアル家具の実用性 ヴィンテージのインダストリアル家具はもともと、実用重視で作られています。そこから生まれたのが、潔いくらいシンプルなフォルムと使い勝手。

さらに経年の風合いが加わって生まれた独特のカッコよさが、カフェ使いで活躍している理由です。そんな機能美、お家インテリアでも立派な仕事ぶりを見せてくれますよ。

お家インテリアの定番『木』と実は好相性

木との相性 人間関係でも、全然性格の違うふたりが妙に気が合うってことありますよね。同じことがヴィンテージのインダストリアル家具にも言えるようで、冷たい印象の金属とムダのないフォルムはぬくもり感じる木と好相性なんです。

特にお家インテリアではすべて金属製のテーブルより、鉄脚に木製の天板が乗ったテーブルのほうが断然魅力です。同じように年月を経て味わいを増してきた、アンティークやレトロな木製家具との一緒使いももちろん得意ですよ。

実はどんなスタイルとも合う懐の深い家具

インダストリアル家具 インダストリアル家具で揃えて、カジュアルでラフな雰囲気のガレージ風インテリアにするのももちろんいいですが、ちょこっと使うことで生まれる相乗効果と言うのも、ヴィンテージものの『押し』ポイントです。

一見人付き合いが苦手そうなインダストリアル家具ですが、一緒にしてみると実はさまざまなスタイルと相性がいいことがわかります。

例えばフレンチナチュラルのインテリアなら、程よく引き締め効果をもたらしてくれるので、甘くなりすぎず、家族の男性陣にもきっと好評ですよ。

カフェ・お家使いでうれしい、お手入れの簡単さ

簡単お手入れ カフェで鉄脚家具が多く使われ始めた大きな理由は、そのお手入れの簡単さ。すこしくらい汚れたり傷ついても平気な、丈夫さが買われたようです。

お家インテリアでもらくらくお手入れは強い味方ですが、サビだけはたくましいインダストリアル家具の弱点です。ヴィンテージものは特に、ある程度なら雰囲気づくりにいいですが、進行がひどくならないよう、お部屋の換気などに気を配るようにしましょう。

またひどいものは一度サビを落とし、サビ止め塗料を塗った後ペイントを施してみるのも、また違った楽しみ方ですよ。

最後に

とにかくシンプルなデザインで、実用性がしっかりあって、ほかの素材やスタイルとも相性が良くて、お手入れも簡単。そしてもちろん使い込まれた風合いがおしゃれ。

なんだかヴィンテージ・インダストリアル家具が、いいところばかりの優等生みたいに聞こえてきましたね。でも最後にもお伝えしましたが、サビにだけは要注意なので、特にヴィンテージのものは選ぶ際には気を付けてみてくださいね。

関連記事

筆者のご紹介

関口明恵

カナダのアートスクールでテキスタイルを学び、バンクーバーにて某北欧テキスタイルブランドに3年ほど勤務。細胞レベルで大好きな古今東西の布に加え、オーガニック、フェアトレード、thrift shopping、そして今度は家具と興味の対象は尽きない。日本で更に高まる好奇心を武器に、皆さんの興味をそそるような情報を発信していきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

RAFUJU MAG とは?

アンティーク家具WEBショップ、ラフジュ工房がお届けする、日々の暮らしを豊かにするお手伝いとしてアンティーク家具やインテリアにまつわる知恵や情報を集めたWEBマガジンです。

CLOSE