RAFUJU MAG

ANTIQUEFURNITURE RAFUJU STUDIO MAGAZINE

オープンシェルフもすっきり!木かごで簡単に片付く棚の収納例

最近は「見せる収納」という言葉が一般的になるほど、見られていることを前提にした収納を行うのが当たり前になってきました。

収納家具についても、戸棚が付いているものばかりではなく、オープンシェルフやラックのような、前にも背中にも板が無いものも主流になっています。好きな雑貨やグリーンを並べて楽しめるのはいいですが、その一方で、雰囲気を壊さないためにどうしても隠したいもの、ありますよね。

インテリアとして自然に馴染んで、コツ要らずでササッとすっきりさせちゃう定番の方法と言えば、木かごを使った収納法。人が行き来するリビングやダイニングなどでは特に、見せたり隠したりが柔軟にできるアイテムなんですよ。
今回は、簡単にお片付け上手になれる、バスケットを使った収納例をご紹介!かごの形によって違う、あんな使い方やこんな使い方を早速見ていきましょう。

かごにしまった方が「素敵に見える」ものはどんどん入れちゃう

素敵に見える 「いつも使うから」とか「まだ途中だから」と思いつつ、そこらへんに"なんとなく"まとめて出しっぱなしになっているものありませんか?

その面倒臭さをちょっと振り払って、一旦かごに全部入れてしまいましょう。蓋が付いていないタイプのものであれば、布などをかけてカモフラージュしておけばOKです。また、毛糸やテーブルクロスなどの素材感のあるものは、戸棚に隠しておくくらいなら、木かごに入れて見せた方が素敵です。

このように、目隠しにも彩りのインテリアとしても、必要に応じて収納が変えられて便利ですよね。

コーヒーセットや調味料の片付けに便利な、トレイ型バスケット

トレイ型バスケット リビングだけでなく、スペースが限られたキッチンでも、見せる収納は多くの人が抱える悩みです。毎日飲むコーヒーの道具類や、こまごました調味料の片付けに便利なのが、浅いトレイ型のバスケット。長方形で収まりがいい上に、トレイごと取り出せるので棚の中で物を漁る心配もありません。

効率を重視して満足してしまう分類収納からはもう卒業!雰囲気の面もバッチリな見せる収納が実現できますよ。

カフェ風×開放感。すっきり落ち着けるリビング。

落ち着けるリビング 出来るだけ少ない物の中で、シンプルに暮らしたい。細身で低めの家具を中心に揃えた、開放感のあるリビングです。テレビラック兼飾り棚として使っている薄型のアイアンラックは、好きなものが並べられた部屋の中でもお気に入りの場所。子供の絵本や人形も、かごにしまえばあっという間にスッキリです。

無駄がない空間でもどこかあたたかい、いつも落ち着けるリビングにまとまりました。

逃げ場が無いオープンシェルフでは、目隠し道具として活躍

オープンシェルフ 開放感のあるオープンシェルフですが、ひとつデメリットを言うならば目隠しできる場所が無いこと。こういう飾り棚タイプの収納は、どうやって上手に生活感を隠すかが重要になってきます。

いつも見るDVDなど、並べておいても"オシャレに見えないもの"は、やっぱり隠しちゃいましょう。ただし、オープンシェルフは、何も物が無い「余白スペース」をいかに保つかが大事。棚の高さ目いっぱいのボックス型のかごよりも、ある程度浅めのものが一番すっきりして見えますよ。

かごを使っているのになんだかアンバランスになってしまう人は、かごまわりのスペースがうまく確保できていなくて、全体のバランスと合っていないからかもしれません。

最後に

よく見かけるかごを使った収納例について、ちょっと細かくご紹介してみました。スッキリすればいいところを、「雰囲気の良さ」と「物に合わせた収納」にも、ちょっとだけ気を遣ってあげるのがコツです。

かごを取り入れるだけで簡単にできる棚収納を、あなたも実践してみてはいかがでしょうか。

関連記事

筆者のご紹介

茶園みずき

様々な人との出会いに刺激を受け、専門学校卒業後にデザイン事務所へ。グラフィックデザインに限らず、イベント企画など、人と人がつながる場づくりにも精を出す。仕事をしていく中で、ものづくりについてもっと深く知りたいと思うようになり入社。家具の向こうに見えてくる、インテリアのコーディネートをお届けできればと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

RAFUJU MAG とは?

アンティーク家具WEBショップ、ラフジュ工房がお届けする、日々の暮らしを豊かにするお手伝いとしてアンティーク家具やインテリアにまつわる知恵や情報を集めたWEBマガジンです。

CLOSE