RAFUJU MAG

ANTIQUEFURNITURE RAFUJU STUDIO MAGAZINE

教えます!壁掛けを使っておしゃれインテリアの上級者になるコツ

なんだかお部屋が淋しいかな、雰囲気を変えてみたいなという時の簡単おすすめ方法が、絵や写真など壁掛けをインテリアに取り入れること。

日本でも壁にインテリアを飾ることがポピュラーになっていますが、海外では壁はお部屋のインテリアの決め手として、とても重要視されているんです。

でも、壁掛けってインテリア感覚に疎い私には、ディスプレイのバランス感が分からなくて...、と結局手を出さないって方結構いらっしゃるのではないでしょうか。

そんなちょっと難しい印象の壁掛けのインテリアですが、本当はそんなことありません。必要なのは、「何を」「どの場所に」「どんなふうに」飾ると簡単おしゃれにお部屋の雰囲気を変えられるのか、その基本パターンを知ること。

なんかイメージと違うなと思ったらすぐに取り外せるので、家具のように買ってみて失敗したらもったいない!というような負担もありません。では早速、基本パターンを伝授していきます。

どんな壁掛けを飾る?

壁掛けインテリアとして楽しめるものにはどんなものがあるのでしょうか。

定番がうれしい、写真&絵

壁掛け写真 簡単なのは写真ですね。子どもや家族の写真、建造物や風景写真に、お花や海、空など自然の写真。また絵なら、好きな画家さんの絵などきちんとした絵はもちろんのこと、子どもが描いた絵だって飾ってみると可愛かったりします。

写真や絵がおしゃれなポストカードも使えますよ。

布や紙だって立派なインテリア

好きな柄の布をフレームに入れて飾ると、上級者のインテリアに見えます。しかもただ飾るだけなのでとても簡単です。好きなブランドのハンカチやスカーフなども手軽に用意できておすすめですよ。

また、雑誌の切り抜きやかわいい包装紙など紙だって立派なインテリアに変身します。これ使えそうかなと思ったページ、包装紙があったら捨てずにストックしておくといいですね。

グリーンも壁掛けインテリアに

鉢植えを置いて楽しむのが定番のグリーンですが、壁掛けでも楽しむことができます。グリーンがインテリアとして壁掛けされていたら、それだけでインテリア上級者さんの称号が貰えそうです。白壁やブラウンなど、壁の色はグリーンにマッチするものが多いので、失敗せずに楽しめます。

壁掛けをどこに飾ろう?

お部屋に壁はたくさんありますが、どんなところに飾るとオシャレでしょうか。

リビング、ダイニングの殺風景な壁に

リビングダイニングの壁 殺風景だなと感じる広々としたスペースに飾ってみましょう。大きすぎるフレームだと威圧感が出るので、まずはあまり大きくないサイズのものがベストです。 小さいものを2つ3つ近くに飾ってみるのもおすすめです。グリーンならツタが下に垂れているようなボリュームのあるものだと1つでも存在感抜群です。

デスクや棚の上にちょこんと

デスク上の壁だったり、玄関の下駄箱上やチェストやローボードなどの家具の上に飾るのも失敗が少ないです。デスクや棚の色や雰囲気に合わせて、飾る写真や絵などの雰囲気を選んでみましょう。

洗面所やトイレの雰囲気づくりに

簡素になりがちな洗面所やトイレに壁掛けインテリアが1つあると、それだけでイメージがガラッと変わります。例えばトイレならリラックスできる自然の絵や写真、グリーンだったり、洗面所なら爽やかな海や空の写真などがおすすめです。

どんなふうに飾る?

最後は飾り方です。いくつかの簡単なパターンをご紹介します。

簡単おしゃれなフレーム

壁フレーム 初心者の方におすすめなのはフレームで飾る方法です。最初はシンプルでどんな壁にも合わせやすい白や木製のフレームなどがいいかと思います。インテリアのコツをつかんで来たらビビッドな色のフレームなどに挑戦するのもいいかもしれません。

同じ大きさのフレームをいくつか横に並べて飾ってみたり、高さのちぐはぐなフレームを並べてみたりするのもオシャレです。

キャンバスを使ってみる

布を使ったインテリアにおすすめなのは油絵用のキャンバスを使った方法です。好きな布をただキャンバスにあて、裏面でホチキスを使って留めるだけです。
とっても簡単なのに、すごくモダンでオシャレな雰囲気になります。

クリップを使ってぶら下げる

壁にひもを固定してそこにクリップや木製洗濯バサミで写真やポストカードを挟みます。一列に何枚も飾ることができます。ひもはピンと張るより、少したわませた方がカーブが可愛らしい印象になります。使うクリップにもぜひこだわってみてください。

最後に

気に入った壁掛けインテリアは見つかりましたでしょうか。難しいことはないのに、壁掛けのインテリアをマスターするだけでインテリア上級者になれちゃいます。 手軽なので、季節や期間によって壁に掛けるものを変えてみるのもいいですね。お部屋の雰囲気を変えたいときは、すぐに試せる壁掛けインテリア、ぜひ楽しんでみてください。

関連記事

筆者のご紹介

関口明恵

カナダのアートスクールでテキスタイルを学び、バンクーバーにて某北欧テキスタイルブランドに3年ほど勤務。細胞レベルで大好きな古今東西の布に加え、オーガニック、フェアトレード、thrift shopping、そして今度は家具と興味の対象は尽きない。日本で更に高まる好奇心を武器に、皆さんの興味をそそるような情報を発信していきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

RAFUJU MAG とは?

アンティーク家具WEBショップ、ラフジュ工房がお届けする、日々の暮らしを豊かにするお手伝いとしてアンティーク家具やインテリアにまつわる知恵や情報を集めたWEBマガジンです。

CLOSE