RAFUJU MAG

ANTIQUEFURNITURE RAFUJU STUDIO MAGAZINE

リビングやダイニングにぴったりの、今どきの和室インテリア実例

自宅に和室がない、と言うご家庭もずいぶん増えた現代ですが、旅館に泊まって畳に寝転んで思い切り伸びをした瞬間など、「あぁ、日本人でよかったなぁ」なんて和室の幸せに浸ったりすること、ありますよね。

そんな、どこか感覚レベルで安心を覚える和室。

自宅の一室を純和風のお部屋に、となると、実用面でどうしても不便を感じてしまいますが、和の要素をちょこっと取り入れた、今どきの和室インテリアだったら、挑戦してもいいかなと思っている方も多いはず。

そこで今回は、お好みのインテリアスタイルにすんなりなじむ、今どきの和室インテリアをかなえるヒントを、実例をもとにご紹介していきます。

和家具が主役のナチュラルな和室

和家具 時代箪笥などの古い和家具の特徴ってなんでしょう?もちろん使っている木材などいろいろありますが、一見してすぐわかる特徴は装飾性の強い金具の存在です。

そんな金具をふんだんにあしらったアンティーク和箪笥の良さを際立たせるなら、すっきりしたナチュラル家具たちと合わせましょう。しっくりなじんでくれるので、苔や和雑貨をちょこちょこっと加えれば、落ち着きのある和ナチュラルなリビングになります。

フローリングにソファーなので、ゆったり過ごしやすいのもうれしいですよね。

リメイク和箪笥でつくる、モダンな和室

モダン和室 最近は脚がついたりペイントが施され、リメイクされた和家具も多く見られます。

和家具の機能性はそのままに、今どきテイストの家具やインテリアスタイルとの相性が良くなっているので、「和」の要素が強いダイニングや、実は和家具たくさんなのに和室とは思えないようなリビングなど、お好みの和室インテリアがなんでもできてしまいます。

水屋箪笥などの大きな和箪笥は、上下段取り外しが可能なので、存在感がありすぎると感じるのであれば、一段ずつで使用するのも手ですよ。

今どき和室での、アンティーク花台のおしゃれ利用法

アンティーク花台 床の間で生け花を飾るための花台。今どきの和室でも、もちろん同じように使えますが、もっとモダンな使い方をしてみるのも面白いかもしれません。

ナチュラルインテリアにぴったりの、大きめのガラス花瓶に野性味あふれる枝を飾ったら、ただ床に置くのではなく、花台に乗せて部屋の片隅に。

和室らしさがプラスされるだけでなく、センスが光るおしゃれ技が今どきの和室にぴったりです。

和箪笥の金具を生かした、和室インテリア

和室インテリア 先ほどお話した、和家具の特徴である金具。取っ手だけでなく、引き出しの真ん中や家具の角にもついていると、装飾性が強く黒光りしていて目立つため、インテリアに取り入れづらく感じる人も多いですよね。

でもこれを逆手に取って、メンズライクな和室インテリアに生かしてみてはどうでしょう。黒い座面のソファーなど黒が基調のインテリアでは、程よい存在感を主張してくれ、渋くカッコいい和モダンリビングのできあがりです。

最後に

現代の生活様式に見合った、でも日本人ならではの安らぎを感じる和室インテリア。既存のお部屋に家具や小物を一点加えるだけの、和の要素が少ないお部屋から、存在感の強い和家具を生かしたモダンな和室など、お好みでさまざまなインテリアを楽しめること、お分かりいただけましたか。

本格的な和室にしないと!と肩ひじ張らず、自分が惹かれる和の要素を、気軽に生活に取り入れてみてくださいね。

関連記事

筆者のご紹介

関口明恵

カナダのアートスクールでテキスタイルを学び、バンクーバーにて某北欧テキスタイルブランドに3年ほど勤務。細胞レベルで大好きな古今東西の布に加え、オーガニック、フェアトレード、thrift shopping、そして今度は家具と興味の対象は尽きない。日本で更に高まる好奇心を武器に、皆さんの興味をそそるような情報を発信していきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

RAFUJU MAG とは?

アンティーク家具WEBショップ、ラフジュ工房がお届けする、日々の暮らしを豊かにするお手伝いとしてアンティーク家具やインテリアにまつわる知恵や情報を集めたWEBマガジンです。

CLOSE