RAFUJU MAG

ANTIQUEFURNITURE RAFUJU STUDIO MAGAZINE

お料理にも大活躍!ベランダガーデニングで育てやすいハーブ

コンクリートの床に室外機、お天気のいい日は洗濯物がひるがえる。そんな光景が当たり前になってしまっているベランダ。

でも本当はベランダガーデニングに挑戦して、家の中から見ても外から見上げても、思わずふと笑みがこぼれてしまうような、緑に彩られたスペースに変身させたい!と言う密かな野望を持っている人も多いのではないでしょうか?

ただガーデニング初心者さんは、いざ挑戦するとなっても、どんな植物から始めたらいいのか戸惑ってしまい、なかなか始められずにいることもあると思います。

そんな初心者さんにおすすめのベランダガーデニングが、簡単に植物を育てる楽しみを経験できるだけなく、舌も楽しませてくれるハーブ類。

ハーブはもともと野草として自生していた、いわば「草」の一種なので、丈夫で育てるのがとても簡単なものが多いのです。

今回はその中でも、ベランダガーデニングに向いているだけでなく、お料理にも役立てやすいハーブを厳選してみました。

ベランダガーデニングの長所短所

20140922-1.jpg まず知っておきたいのが、ベランダでガーデニングをする長所・短所です。

長所

  • 風通しが良い
  • 雨が直接当たらない
  • 虫や動物の被害を受けにくい
  • こまめに手入れ、収穫できる

短所

  • 日当たりが悪い
  • 土が乾きやすい
  • 夏暑くなりやすい(コンクリートや室外機からの熱)

これ以外にも各ご家庭特有の、メリット・デメリットがあると思います。でも、日当たりなどの致命的に思える短所があるからとあきらめずに、発想を転換して、短所を逆手に取ってしまいましょう。

例えば、日当たりの悪いベランダであれば、日当たりが悪くても育つ種類のハーブを選べば、問題は解決します。

また真夏の暑さを少しでも和らげるために、コンクリートには直接鉢を置かず、棚を設置したり、ハンギング仕立てにすることで、縦のスペースを最大限に生かすことができます。短所はチャンスだと思って、工夫を楽しんでくださいね。

ベランダガーデニングにおすすめのハーブたち

さきほど挙げたベランダガーデニングの短所に負けない、おいしいハーブたち。
お料理以外の楽しみ方もいろいろありますよ。

清涼な芳香が魅力、ミント

20140922-2.jpg 知名度の高いスペアミントやペパーミント以外にも、日本に自生するハッカなど、種類が豊富なミント。爽やかな香りが、エスニック料理やハーブティーなどで活躍してくれます。

暗い日陰以外なら大抵育つ、丈夫さと生育旺盛さが何と言っても心強いハーブです。ただし、乾燥を嫌うので、水はたっぷりめにあげるのを忘れずに。

地下茎を盛大に伸ばすので、ほかの植物との寄せ植えは絶対に避けましょう。春から秋にかけての収穫後、冬には枯れますが、根は生きているので、そのままにしておけば翌年新しい芽を出す、本当に手間いらずのハーブです。

ハーブティー以外にも、レモン水に加えたりモヒートを作ったり、またお風呂にいれてハーブ湯を楽しむのもおすすめですよ。

お料理にうまみをプラス、チャイブ

20140922-3.jpg 別名「セイヨウアサツキ」と言うように、アサツキによく似ていて、代わりにお料理にも使えるチャイブ。他のネギ類に比べ臭みも控えめなので、ネギやニラの代用としてだけでなく、生葉を直前に調理して香りを楽しみたいハーブです。

種まきから簡単に始められ、初夏になると赤紫色の愛らしい小花をボール状に咲かせます。花が咲くと葉が硬くなってしまうので、お料理に使うのであれば、つぼみの段階で摘み取ります。

適度に日当たりのいい場所を好むので、日当たりの悪いベランダでも、できるだけ日の当たりやすい場所に置いてあげましょう。ミント同様、冬でも根株は生きているので、土が乾燥しきらない程度に水やりをしておくと、翌年また芽を出します。

卵やジャガイモとの相性がいいので、オムレツやポテトサラダにも利用したいハーブです。

生でも乾燥させても便利な、ローズマリー

20140922-4.jpg ヨーロッパでは女性の名前としても知られるハーブ、ローズマリー。肉料理や煮込み料理だけでなく、香料や精油など用途の広い植物です。

一年中グリーンの葉を茂らせて、冬寂しくなりがちなベランダに緑を添え続けてくれる、頼もしいハーブです。

乾燥に強く病害虫も少ないので、初心者でも育てやすいのがうれしいですね。湿気を嫌うので、葉が多く茂ってきたら、適度に刈り込みをしてあげましょう。

刈り込んだ枝は、紐でまとめてドライフラワーにしておくと、香りも飛ばずに長期間保存ができますし、インテリアとしても素敵です。

消化促進・防腐・神経安定・老化(酸化)防止などの効用があるため、お風呂に入れたり、乾燥したものをコットンの袋に入れて、タンスに忍ばせたりするのもおすすめの利用方法です。

最後に

ぐんぐん育って手間いらずなハーブたち。ベランダガーデニング初心者さんでも、いかに簡単に育てられるかお分かりいただけましたか。

ここでご紹介した以外にも、レモンバームやコリアンダー、パセリなど、ベランダガーデニングにぴったりのおいしいハーブはたくさん。まずは興味のあるハーブ一鉢からでも始めてみましょう。

お料理の幅も広がって、育てるのがどんどん楽しくなるはずですよ。

関連記事

筆者のご紹介

関口明恵

カナダのアートスクールでテキスタイルを学び、バンクーバーにて某北欧テキスタイルブランドに3年ほど勤務。細胞レベルで大好きな古今東西の布に加え、オーガニック、フェアトレード、thrift shopping、そして今度は家具と興味の対象は尽きない。日本で更に高まる好奇心を武器に、皆さんの興味をそそるような情報を発信していきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

RAFUJU MAG とは?

アンティーク家具WEBショップ、ラフジュ工房がお届けする、日々の暮らしを豊かにするお手伝いとしてアンティーク家具やインテリアにまつわる知恵や情報を集めたWEBマガジンです。

CLOSE