RAFUJU MAG

ANTIQUEFURNITURE RAFUJU STUDIO MAGAZINE

リビングの強い味方!おしゃれアンティーク収納棚の賢い選び方

大きさやデザインは違っても、大抵のご家庭に一つはある家具、収納棚。その名の通り、収納に役立ってくれるのはもちろん、ちょっとしたおしゃれディスプレイを楽しむこともできる、あると重宝する家具です。

アンティーク収納棚は特に、デザインに加え独特の木味や風合いがあり、存在自体がおしゃれで人気のアイテム。

そんなアンティーク収納棚を探すとき、大きさやデザインはもちろん大切なポイントですが、特に注意を払いたいのが、戸や扉の種類です。板戸なのかガラス戸なのか、ガラス戸でも透明ガラスかレトロな半透明ガラスか。

家具自体の、そしてインテリアの印象を左右するだけでなく、収納棚の使い勝手にも影響する重要な部分です。今回は、アンティーク収納棚によく見られる、さまざまな戸や扉に着目してみましょう。

アンティーク収納棚の定番、クリアガラス

クリアガラスのアンティーク収納棚 透明なガラスが、大きな収納棚もすっきり見せてくれる、クリアガラス。アンティークのゆらゆらガラスや気泡ガラスは、さらにアンティーク収納棚の良さを際立たせてくれます。

中身が丸見えなので、見せる収納が必須となり、おしゃれに収納・ディスプレイできるかがカギになります。お気に入りの雑貨を程よく収納・飾るには最適のタイプですよ。

個性いろいろ、レトロな半透明ガラス

レトロな収納棚 モールガラスやダイヤガラス、結霜ガラスなどレトロならではの味わいがある半透明のガラス。独特の適度な透け感とユニークな模様が、シンプルなアンティーク収納棚にも個性を持たせます。

収納棚の中身の輪郭や色がわかり、どこに何をしまったか分かりやすいのもうれしいポイントですね。ただし、あまりにもひどいごちゃごちゃは分かってしまうので、適度な整理整頓はお忘れなく。

板戸できっちり隠すアンティーク収納棚

板戸のアンティーク収納棚 しっかり隠す収納をかなえてくれる、頼もしい板戸。収納棚の中がどんなことになっていようと、一旦扉を閉めてしまえば分からないので、あまりおしゃれとは言えない生活必需品などを収納したりするのに、役立ってくれます。

ガラス戸に比べて、収納棚自体が重い印象を与えてしまうため、小さいアンティークのものや部分的に板戸になっているものを選ぶといいですよ。

素朴なチキンワイヤーでカントリースタイルの収納を

アイデア収納棚 その名の通り、鶏小屋の網、チキンワイヤー。アンティークスタイルの中でも、カントリーな雰囲気をインテリアに与えてくれる、素朴なアイテムです。

クリアガラスと半透明ガラスの中間くらいの、特徴的な透け感が収納棚に生まれますね。
ガラスとは違って、ホコリが入りやすいので、掃除しやすいディスプレイを心がけると、ひと味違う収納棚を満喫できるはずですよ。

最後に

クリアガラスに半透明ガラス、板戸にチキンワイヤー。
たとえ同じアンティーク収納棚でも、どれが戸や扉部分に使われているかによって、家具の印象も機能もまったく変わってしまうこと、お分かりいただけましたか?

インテリアにぴったりの、そして自分にとって使い勝手のいい収納棚を選ぶ参考にしてくださいね。

関連記事

筆者のご紹介

関口明恵

カナダのアートスクールでテキスタイルを学び、バンクーバーにて某北欧テキスタイルブランドに3年ほど勤務。細胞レベルで大好きな古今東西の布に加え、オーガニック、フェアトレード、thrift shopping、そして今度は家具と興味の対象は尽きない。日本で更に高まる好奇心を武器に、皆さんの興味をそそるような情報を発信していきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

RAFUJU MAG とは?

アンティーク家具WEBショップ、ラフジュ工房がお届けする、日々の暮らしを豊かにするお手伝いとしてアンティーク家具やインテリアにまつわる知恵や情報を集めたWEBマガジンです。

CLOSE