RAFUJU MAG

ANTIQUEFURNITURE RAFUJU STUDIO MAGAZINE

簡単ナチュラルなリビングのインテリアコーディネート実例

家族みんなのくつろぎ空間、リビング。前回の記事『おしゃれ×くつろぎのリビングをかなえるインテリアコーディネート術』では、家族のニーズに合わせたコーディネートの基本をお話ししました。

記事を参考に、必要な家具など我が家のリビングの姿が見えてきたら今度は、インテリアスタイルを具体化していく番です。

そこでおすすめするのが、ナチュラルインテリア。家族みんなの空間だからこそ、家族誰かがお気に入りの個性的なインテリアスタイルを選ぶよりも、無難だけど落ち着けて穏やかな気持ちになれるスタイルが一番。

ナチュラルテイストってぱっとしないし、味気ない感じになりそうと不安な方もいるかもしれませんが、色使いや小物使いで、おしゃれな雰囲気が作れます。また、なによりも飽きが来ないのもメリット。一度コーディネートすれば、長いこと楽しむことができて、模様替えの手間いらずです。

さらに流行り廃りもないので、長いこと同じコーディネートであっても古さを感じさせません。

そんな魅力的なナチュラルリビングですが、「ナチュラル且つシンプルに」と言われても、いざコーディネートしてみようと思うと分からないことがいろいろ出てきます。そこで今回は、ナチュラルインテリアが素敵なリビングのコーディネート術をご紹介いたします。

まずは、家具や小物の色使い、素材などどういったものを揃えるといいのか、その後にいくつかのインテリア実例を見て行きましょう。

家具は木製(無垢材)で統一

木製家具 リビングで使用するセンターテーブルやテレビ台、本箱などの家具は木製で統一させます。木製の家具でも様々な色味があります。例えば、パインやオーク材の家具は明るめの色。お部屋の雰囲気は元気で明るい印象になります。

ダークブラウンなど着色が施された家具はお部屋をより落ち着いた印象にしてくれます。また同じ木製家具でも、ペイント家具を選ぶのも手です。何色にペイントされているかによって、与える印象もさまざまです。

明るい優しい雰囲気がいいか、またはリラックスできる落ち着いた雰囲気がいいか、どのような雰囲気にしたいかで、家具の色を選んでくださいね。

ファブリックは落ち着くアースカラーで

ファブリックカラー ナチュラルリビングで使用してほしい色合いは落ち着けるアースカラーです。植物のグリーンやカーキ、木や土の色であるブラウンやベージュ。その他にも海や空の色であるブルーやスカイブルーなど。

人は自然の中にいると、ほっと安心してリラックスできます。リビングで使用するラグ、カーテン、クッションなどのインテリアにはなるべく自然にある色合いを使用して、自然に囲まれているようなリラックス効果を生み出しましょう。

観葉植物は必須アイテム

"自然"を感じられるのが重要となってくるナチュラルリビング。家具の色だけでなく、実際に植物を取り入れて自然を身近に感じるのもおすすめです。

室内に取り入れるなら観葉植物がベスト。背丈の大きいものから、手のひらサイズの小振りなものまで種類は様々あるので、好きなものを選んでみてください。育てるのは手間だなあという場合はフェイクのものでもOKです。

インテリアコーディネート実例を見てみよう!

それでは3つのナチュラルリビングをご紹介したいと思います。同じナチュラルテイストでも、使用する家具や色使いによって、雰囲気も変わってきます。

ブルーとグリーンの色味ある自然派リビング

自然派リビング こちらのコーディネートは落ち着いたブルーのソファと、優しげなグリーンのラグがポイント。しっかりとした色味のインテリアを使っていますが、どちらもビビッドではなく落ち着きがあるので、リラックスできる空間に仕上がっています。

テーブルは敢えてサイドテーブルにし、ラグの上を広々とさせたことで、子どもと触れ合うこともできるし、ゴロゴロと気軽に寝そべることもできます。

木の温もりたっぷりのほっこりリビング

木の温もりリビング センターテーブル、チェア、収納棚やガラスケースなど大きな家具は全て木製で統一し、ナチュラル感を出しています。また、ソファのクッション部分はアースカラーのブラウンで、お部屋全体がブラウンのとても落ち着けるリビングになっています。

お部屋の色々な場所に観葉植物を取り入れることで自然感をプラスするだけでなく、色のアクセントにもなっています。

ホワイトでまとめたふんわり優しいリビング

白いリビング 木製家具とホワイトのペイントをあしらった家具が使用された優しい印象のリビング。インテリアにホワイトを使うときに気をつけたいのは、真っ白のものばかりを取り入れるのではなく、アイボリーやオフホワイトなど白に近い色を取り入れること。

そうすることで、白の眩しさが軽減され、よりリラックスできる空間になります。もちろん植物のグリーンも忘れずに取り入れてくださいね。

さいごに

ナチュラルリビングに使用する家具は木製で統一し、お部屋に温かみを作り出しましょう。そして、カーテンやクッションなどファブリックには優しいアースカラーを使ってください。

出来れば、観葉植物も取り入れてさらにお部屋にナチュラル感をプラスしたいですね。紹介した3つのコーディネート実例を参考にしてもらいながら、上記の3点のポイントを意識しながら自分だけのナチュラルリビングを楽しんでみてくださいね。

関連記事

筆者のご紹介

関口明恵

カナダのアートスクールでテキスタイルを学び、バンクーバーにて某北欧テキスタイルブランドに3年ほど勤務。細胞レベルで大好きな古今東西の布に加え、オーガニック、フェアトレード、thrift shopping、そして今度は家具と興味の対象は尽きない。日本で更に高まる好奇心を武器に、皆さんの興味をそそるような情報を発信していきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

RAFUJU MAG とは?

アンティーク家具WEBショップ、ラフジュ工房がお届けする、日々の暮らしを豊かにするお手伝いとしてアンティーク家具やインテリアにまつわる知恵や情報を集めたWEBマガジンです。

CLOSE