RAFUJU MAG

ANTIQUEFURNITURE RAFUJU STUDIO MAGAZINE

憧れのナチュラルデザインのお部屋づくりは、やっぱり北欧がお手本!

ここ数年あふれる「ナチュラル」の文字。
ファッションは、楽チンだけどおしゃれな心地よさが光るスタイルだってわかるけど、インテリアの場合のナチュラルデザインっていまいちよく分からない。

雑誌を見ても、「ナチュラルカントリー」とか「ナチュラルアンティーク」とか、何となくわかるようなわからないようなスタイルがいろいろあって、どんなふうにしたら、ナチュラルデザインの部屋にできるんだろう?

そんな風に興味は大ありだけど、どこから始めたりいいのか分からない、ナチュラルインテリア初心者さんには、北欧スタイルから入るのがおすすめ!
IKEAなどでもおなじみの北欧デザインは、とにかく懐が深くて、なんにでも合わせやすいのが特長。

のちのちほかのデザインに軌道修正したくなっても、そのまま使用できそうなアイテムもたくさんありますよ。

北欧インテリアはここがいい

北欧インテリアと言われて、何が浮かびますか?
ぬくもりのある、木本来の色を生かした家具。そして、つい手でなぞってしまいたくなるような美しい曲線。一転して、ポップで斬新な色使いと人目をつくデザインが楽しいテキスタイル。

白夜から一転、暗く長い冬が続く北欧のインテリアの基本は、冬の暗さを一蹴する真っ白な壁、そして装飾性の少ないシンプルな家具。これだけ聞くと、どの家庭も型通りのインテリアになってしまいそうですが、ここに思い思いの色・デザインのテキスタイルを投入することで、「らしさ」が光るナチュラルデザインをかなえています。

そんな北欧風ナチュラルデザインの使用例を、ここで少し見てみましょう。

どこか懐かしい親しみやすさ

どこか懐かしい親しみやすさ

北欧のデザインは日本人にとって、どこか懐かしさを感じさせますよね。
実際北欧と日本のデザインには、相通じるところが多いようで、北欧系テキスタイル会社マリメッコでは、たくさんの日本人デザイナーの商品が発表されています。

北欧家具の特長である曲線が魅力なこのソファ、実は日本製の昭和レトロ家具です。そして実は、その隣り小ぶりなダイニングチェアが北欧製。
一緒に並んでいても何の違和感がないのは、やはりどこか共通している部分が多いから、でしょうね。

ざまざまなデザインとの相性の良さ

ざまざまなデザインとの相性の良さ

北欧系ナチュラルデザイン家具の相性の良さは、何も昭和レトロとだけではありません。例えばペイント家具とも、何の違和感もなく部屋に溶け込んでくれます。

北欧デザインらしく木が魅力のダイニングチェアですが、座面に張ったファブリック次第で印象はいくらでも変わります。それによって、同じペイント家具でもやさしいナチュラルフレンチのものや、メンズライクな濃い色合いのものとなど、どんなデザインとでもすんなり馴染んでしまいます。

座面は、ご自分でも比較的簡単に張り替え可能なので、ナチュラルデザインから軌道修正したくなったら、どんどん替えてしまえば、新しいスタイルとの相性もきっといいはずですよ。

シーンやお部屋に合わせて、サイズ対応上手

シーンやお部屋に合わせてサイズ対応上手

先ほどの小ぶりなダイニングチェアのように、日本の住宅サイズに敏感な北欧家具。大きさ調整が可能なエクステンションテーブルは、スペースや人数に合わせて使用できる有能ぶり。
家族が増えた時も、もっと大きなお部屋に引っ越した時も利用可能なので、今からお気に入りのナチュラルデザイン家具を入手しておくのもありですよね。

何より曲線がものを言う

何より曲線がものを言うダイニングチェア

シンプルなのに曲線使いが効いているダイニングチェア。一見インダストリアルなテーブルの、鉄脚の硬さもぐーんと和らげていますよね?
そう、すべてナチュラルデザインの家具で揃えなくても、要所要所を押さえていれば、ナチュラルデザインのお部屋づくりは、想像以上にすんなりと実現可能なんですよ。
今ある家具の中でも、これはナチュラルデザイン寄りかな、と言うものをチェックしてみましょう。

パンチのあるテキスタイル使い

パンチのあるテキスタイル使い

冒頭でも述べたように、北欧ナチュラルデザインのポイントはテキスタイル使い、と言っても過言ではありません。「自分らしさ」満載のお部屋になるように、色・デザインともにお気に入りのテキスタイル探しは、納得行くまでとことんやりましょう。

気に入った既製品が見つからなかったら、クッションカバーくらいなら手縫いでも簡単にできるので、手作りにするのもありですね。また白い壁がさみしいと思ったら、お気に入りの布でパネルを作ったり、布を天井から床まで垂らしてしまうのも、北欧ナチュラルにぴったりのテキスタイル技です。

最後に

曲線を描く天然木が「ナチュラルデザイン」をやさしく形成してくれる北欧スタイル。 すべてを北欧家具で揃えなくとも大丈夫ですし、カーテンやクッションなどで冒険することで、「自分らしい」ナチュラルデザインのインテリアが可能なので、 興味のある人はぜひ気軽に始めてみてくださいね。

筆者のご紹介

関口明恵

カナダのアートスクールでテキスタイルを学び、バンクーバーにて某北欧テキスタイルブランドに3年ほど勤務。細胞レベルで大好きな古今東西の布に加え、オーガニック、フェアトレード、thrift shopping、そして今度は家具と興味の対象は尽きない。日本で更に高まる好奇心を武器に、皆さんの興味をそそるような情報を発信していきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

RAFUJU MAG とは?

アンティーク家具WEBショップ、ラフジュ工房がお届けする、日々の暮らしを豊かにするお手伝いとしてアンティーク家具やインテリアにまつわる知恵や情報を集めたWEBマガジンです。

CLOSE