和ガラスのアンティーク家具

購入合計額 : 0円 カートの中に入っている商品名が表示されます

和ガラス

ガラス製品の歴史は古くからありますが、日本の場合、制作方法は伝来していても、あまり広がりを見せず、長い間、衰退していたものでした。
それがようやく一般化したのは、江戸末期からと言われています。
その理由は、日本は鎖国中に様々な渡来物・輸入品を規制していましたが、一部解禁により、海外の新技術が日本にも流入し、その中にガラス製品に関するものも含まれていたからです。
その頃に派生した和ガラスの代表的なものが江戸切子などです。
ラフジュ工房で取り扱うアンティークの和ガラスの中にも、切子のグラス等のお取り扱いが御座います。
また、切子以外にも大正・昭和初期に作成された氷コップやガラスの小鉢など、複数点ご用意していますので、ぜひご覧下さいませ。
単品から複数セットのお品までありますので、お好みのものをお選び頂けますよ。

家具のジャンル

アイテム選択しなおす

検索のご利用方法について

価格

サイズ (単位:mm)

高さ
奥行

※アイテムを再選択する場合は、左側の「選択しなおす」をクリックください。

検索結果

44

商品が見つかりました

検索内容
アンティーク雑貨 和ガラス

アンティークの和ガラスは手作りの一点ものが殆どで、同じデザインでもそれぞれ微妙に形が違っていますので、
形状が気になる方は、それぞれの詳細画像を比較してみて下さいね。気泡の入り具合もバラバラてせすから、あわせてご覧下さいませ。
またウランガラスのようにブラックライトを当てると光るお品は、発光状態も掲載していますので、ご参照下さい。
レトロ感が漂うアンティークの和ガラス製品は飾ってあるだけでも素敵ですが、実用品としてお使い頂くと、さらに魅力あるお品になります。
例えばガラスビンはキャンディーポットにしてお菓子を入れると目にも鮮やかで楽しいですし、氷コップや小鉢はちょっとした小物収納になります。
容器が深いタイプでしたらペン立てなどの文具入れにもなりますね。
和テイストのインテリア好きの方に、和ガラス製品はオススメのお品です。
和製アンティーク入門として、まずは小さな和ガラスから和製アンティークの良さを感じ、いずれは家具や日本家屋の大きなものにも
興味を持って頂ければ幸いです。